進路指導

一人ひとりの夢を確かな目標に

生徒の希望する進路は多様です。しかし、どの進路選択にも大切なことがあります。 それはまず、自分をよく見つめて自己の適性を知ることから始まります。また、他者を受け入れることのできるコミュニケーション能力も重要であると考えています。

本校の特色は、生徒一人ひとりが「本来持っている自分の力」に気づき、将来の夢の実現に自信を持って進むことができるよう、さまざまな機会を通してきめ細かい指導を行っているところにあります。また、クラス担任との面談をはじめ、進路ガイダンスや講演会などを実施し、各方面の進路情報を豊富に収集してます。

保育士を目指す人、看護師を目指す人、いずれにしても「私はこれが好きだ」「私の道はこれだ」と言える職業観を育みながら、「生き方としてのキャリア」を身につけさせたいと考えています。

キャリアプラン

進路指導の特色

「生き方としてのキャリア」を身に付ける

貞静学園では生徒一人ひとりがしっかり将来を見据え、明確な目標・目的意識を持ち、自らの力で主体的に生きる力を育むキャリア教育の実践を積極的に推進しています。

進路ガイダンス
学年別に、生徒や保護者対象の進路ガイダンスを計画的に実施しています。また、大学教員を招いての分野別進路ガイダンスや、外部の受験相談イベントへの団体参加の機会も設けるなど、自分の適性・志向性に合わせた進路選択ができるようにしています。
進路適性テストと面談
入学直後の「進路適性テスト」や「進路希望調査」によって収集したデータを基に担任と生徒での二者面談や三者面談を行い、一人ひとりに最適な進路を導き出します。そしてそこに向けて具体的な学習方法や生活についてなど、きめ細かなサポートをしていきます。

各種キャリアアッププログラム

カタリバプログラム
「カタリバプログラム」では大学生・社会人の方を招いて志望大学決定までの過程や大学入学後の生活など具体的なお話を伺います。生徒たちの進路選択の動機や目標設定に大いに役立つプログラムです。
卒業生による『受験報告会』
一般入試やAO入試など、多岐にわたる受験体験を先輩から後輩へ伝えるプログラムです。先輩の生の声を聞くことで、受験への当事者意識とモチベーションの向上につながります。
企業による『キャリア・デザイン講座』
企業によるワークショップ形式のプログラムの実践を通して、「社会に出て働くこと」や「経済のしくみ」「将来設計」などについて考えを深める機会を与えています。

pagetop