幼児教育・保育系進学コース

87年の歴史と伝統を誇る実践的なコース

このコースは幼児教育・保育系の4年制大学・短期大学などへの進学希望者を対象にしています。
将来幼稚園教諭・保育士を目指す人のために特色ある学びを展開しています。
目標校:日本女子大学・東洋大学・東京家政大学・大妻女子大学・貞静学園短期大学・青山学院短期大学など

「せんせい」になるために、現場で役立つ知識や技術を学ぶ

器楽

週1回ピアノの個人指導を行います。初心者は卒業時にバイエル修了程度を目指し、経験者はさまざまな曲に取り組みます。


リトミック教育

「天野式リトミック」をベースに、リズムや音符を身体で表現します。幼児への指導能力とともにリズム感も養われます。


子ども文化

折り紙・紙芝居などの制作や併設幼稚園との『おみせやさんごっこ』などの実習を通し、子どもとの接し方を身に付けます。


子どもの発達と保育

乳幼児期は発達の基礎を培う時期であることを学びます。また、子育ての現状と課題、保育とは何かを考えていきます。


声楽

合唱や斉唱を通して音楽の感性を磨きます。また、音楽通論を学び、楽譜が読み込めるように取り組んでいきます。


絵画

美術への知識を深め、表現技法や技術を学び感性を磨きます。多彩な画材を使い、絵本を制作するなど表現を楽しみます。


保育福祉

社会福祉の中でもとりわけ保育士としての心構え、子どもの遊具や子どものさまざまな問題について学習します。


国語演習

入試の小論文対策として、幼教保育に関する時事問題、国語常識を学びます。自分の意見を論理的に表現できるようにしていきます。

ピアノ個別レッスン

幼児教育・保育系を志すにはピアノは必須です。そこで本校ではピアノ初心者でもピアノ習得がスムーズにいくように、初心者を対象に入学前レッスンや放課後レッスン(いずれも希望者)を実施。2年次から始まるピアノの授業への橋渡しをしています。

保育園ボランティア

長期休暇中、地元の保育園や施設でのボランティアに積極的に参加しています。日頃の学びの成果を現場で確かめることで、生徒たちは大きく成長していきます。

子どもたちやあこがれの先輩との距離の近さは併設校ならでは

「幼児教育・保育の貞静学園」の強みを生かし、「学園全体」が連携。短期大学の教員による「模擬授業」や「体験入学」への参加により、高校在学中から専門知識や技術を学んでいきます。また、幼稚園での「保育補助ボランティア」や、園児との「コラボ授業(作品発表や『おみせやさんごっこ』など)」で、現場での経験値を高めています。

pagetop