学校長ブログ

12月22日 (火)

二学期終業式 式辞

おはようございます。
残暑厳しい9月に始まり、行事の多い二学期もいよいよ終わりを迎えることとなりました。ここに大きな事故や問題もなく無事に終業式を執り行えることを心より嬉しく思っております。
この2学期は、沢山の実りがありました。少し振り返ってみたいと思います。
はじめに、9月の文化祭「ひなづる祭」では、「魅せようそれぞれのカラー」のテーマの下、全校挙げての綿密な準備を進め、中身の濃い二日間を過ごしました。ご参加いただいた皆様方からは、盛りだくさんの内容でとても楽しかった。或いは、生徒の皆さんの素晴らしいパフォーマンスに感動しましたなどの高評価を沢山いただきました。生徒会の皆さんをはじめ、実行委員会の皆さんが中心となって成功に導いていただけました。また、各学年・学級或いは各クラブの皆さんの頑張りも素晴らしく、教室展示や企画内容に工夫改善がなされ、昨年からの成長を強く感じました。改めてここに感謝申し上げます。
更に、昨年参観された皆様方からの「鑑賞態度がうるさくて発表を楽しく見ることが出来なかった」などの厳しいご指摘に対して、一人一人が心がけを改めると共に全校生徒一丸となっての取組が実り、落ち着いた雰囲気の中での素晴らしい発表と鑑賞が展開されておりました。この点でも確かな成長を感じました。
10月の赤い羽根の募金活動、本校の建学の精神に基づいた社会貢献のねらいに即した素晴らしい活動が実践されました。赤い羽根の募金活動では、二百万円近い多額の募金をいただきました。各駅の改札口や通路での声を張り上げてお願いする姿は大変立派でした。皆さんの頑張りと募金に協力をいただいた多くの方々へ感謝を申し上げます。この後に、ボランティア委員の代表より都の共同募金会の方へ直接贈呈されます。
また、1学期に比べて表彰する機会が多くありました。日頃の授業で学んだことや練習の成果が少しづつ発揮され、運動部や文化部の活躍を嬉しく思います。今後も各部活動において、しっかり取り組み好成績を残し、自分自身のキャリアアップに努め、今後の進路決定の際に自己アピールにも役立ててください。
その他では、中学3年生の京都・奈良への修学旅行があり、日本の歴史と文化について学び、また高校1年生や中学生のテーブルマナーの研修では食事の作法や食文化について学ぶことが出来ました。この様な様々な活動を通して皆さん一人一人の知識力・人間力・貢献力が高まり大きな成果を上げておりますが、まだ達成できていない面も多々あります。しっかりと反省をしこれからも目標を持って取り組んでいきましょう。
最後に、お願いを一つします。それは、安全で健康的で充実した冬休みを送って欲しいと言うことです。年の瀬を迎え世の中が少し落ち着かなくなってくると、不審者によるいたずらや交通事故による死亡事故が増えてきます。その他様々な犯罪に中高生が巻き込まれることが多くなります。皆さん方一人一人がこの冬休み期間中においても、落ち着いて行動をしてほしいと願っております。また、最近の傾向としては携帯電話やスマートホンなどを利用した誹謗中傷による人権侵害などの事件やトラブルが多発しており、社会的な事件に発展するなどに巻き込まれたりと問題になっております。一昨日の大塚警察署の方からの指導を思い出し、犯罪に巻き込まれないこと或いは起こさないようにお願いいたします。全て自分自身の心がけです。最近では安全は、誰かを当てにせず自分で作り上げるものと言われております。注意力散漫な生活をしないようにしましょう。そして、規則正しい生活習慣の実行です。もう耳にたこができるほどお願いしていますが、まだ実行できていない人がおります。望ましい生活習慣こそが学力向上の第一歩です。3年生の皆さん、受験を前に夜更かし、夜遊びは禁物ですよ。試験は早朝から始まります。朝型人間になって下さい。
来年は2016年、平成28年は申年です。「申(サル)」が「去る」という意味を表し、「悪いことが去る」や「病が去る」などいいことや幸せがやってくるという年となる、という一説があります。(ちなみに動物の「猿」とは直接関係はないそうですが、後付けで十二支を覚えやすくしたものだそうです。)先ほど申し上げた説を信じて、来年一年が生徒の皆様一人ひとりにとって、幸せな一年となることを願いまして式辞とします。
一足早いですが、良いお年をお迎え下さい。

 11月も残り僅かとなり、2015年も残すところ12月(師走)の一カ月となりました。
未年を迎えた1月の始業式で、「羊は群れをなして行動するため、家族の安泰や平和をもたら
す縁起物とされています。それにあやかって,皆さんも家族や兄弟或いは友達と仲良く行動し
て、平和な一年にしていきましょう。」と述べたことが思い出されます。  
 さて、この一年間を振り返ってみて如何ですか。友達や家族の皆さんとの穏やかで素敵な時
間を過ごすことが出来ていますか。
 先の全校朝会でもお話をしましたが、「誰に対しても与えられた時間は公平で、一日は24
時間、1年は365日です。」そこで、与えられた自分の時間をどう遣うかが重要です。と・・・。
 しかし、そう簡単に実行は出来ないこともわかります。感じ方や遣い方は人それぞれで、遅く
感じる人、早く感じる人、有意義に感じる人、無駄な過ごし方と感じる人等様々です。
更に、最近の社会の変化を考えると「光陰矢の如し」の言葉通り、月日が過ぎていくのを早いと
感じている人が多いかもしれません。
 でも、時には立ち止まって自分の周りを見回すゆとりがあるといいですね。
時間を十分かけてじっくりと考え、落ち着いて行動することも時には必要です。
 まだ2015年、1ヶ月もあります。素敵な時間を過ごしてください。

修学旅行を前に、中学3年生の皆さんは、希望に夢を膨らませ「遠い京都と奈良の都」での活動に思いを馳せながら、今か今かと待ち遠し日々を過ごして来た事とと思います。試しに、今朝の出発の際に、ある生徒に尋ねてみました。今朝何時に起きたましたか?
「4時45分です。」(旅行を前に眠れなかったんですね。)何が見たいですか?「金閣寺が本当に金色なのか見てきたいです。」(自分の目で確かめたいんですね。) 
私自身の中学3年生の頃を思い出してみると、今の皆さんと同じように友達と計画を立て、どこそこで何を見て、何を食べて、お土産は何を買うなどと出かける前からうきうきしていたことを思い出します。
 今年の修学旅行は、2泊3日の旅程で日本の歴史のふるさと、日本の原点とも言われている「奈良・京都」での見学及び体験学習が予定されています。この修学旅行で、今までの学習で身に付けた力を活かして或いは教科書で学んだ内容を実際に観て、聞いて、触れて頂き、改めて日本の歴史の古さや文化のにおいなどを肌で感じてきて来てください。
 そして、修学旅行を通して、「百聞は一見に如かず」のことわざに倣って、「観るもの、聞くもの、触れるもの」、あらゆることに興味・関心を持ち行動してください。そうすると、何気なく入ったお寺の一角に「国宝○○」と書かれた紹介に出会う驚きや感動などの素敵な時間を過ごすことが出来ます。ボーっと見てたり、歩いているとそのチャンスを失うと共に事故や怪我のもとになります。「百聞は一見に如かずとは、何度くり返し聞いても、一度でも実際に見ることには及ばない。何事も自分の目で確かめてみるべきだという教え。」です。今までに本で知ったことや、お父さんやお母さんから教えてもらったことやテレビで見たこと、或いは学校で習ったこと等から見たことのある国宝・重要文化財や奈良公園の鹿など、間近で見たり、時には触れたりしてその素晴らしさを味わうと共に古い文化や伝統を直に体験することによって先人の人たちの知恵や技の一端を自分の五感を通して感じ、より理解が深められることと思います。
 最後に、同じ学年のお友達との素適な時間が一生忘れることの出来ない大切な思い出になる事を期待しております。

 

09月02日 (水)

二学期始業式 式辞

おはようございます。
42日間の長い夏休みも、終わってみれば「あっ」という間でした。幸いにも全校生徒、誰一人大きな事故怪我にも合わず無事に過ごしてくれたことを大変嬉しく思います。みなさんの顔を見ると真っ黒に日焼けしている人が多く、一段と逞しくなってきたなーと感じます。
 今年の夏休みは、気象観測開始以来の連続猛暑日の記録更新に象徴されるように暑い夏でありました。更に地球温暖化の影響なのか、海水浴場にサメが出没し楽しみにしていた海水浴も中止等いう事態も起きました。
 一方、今年は戦後70年ということで様々な視点から先の大戦に関する報道や記念式典等がありました。改めて平和の大切さ、今の時代に生まれたことへの感謝を感じました。そして、二度と戦争を起こしてはならないという強い思いを確認しました。今から70年前の戦争では日本人がおよそ300万の尊い命が失われ、広島と長崎に原子爆弾が落とされ一瞬にして20万人以上の方の尊い命が奪われました。この時被爆した人たちは、その後何十年も放射能の影響から苦しみを強いられたことは、生徒の皆さんも色々な勉強から学んで知っていることと思います。その他にも様々な出来事や悲惨な事実がありましたが、多くは申しません。そこで、私をはじめ生徒の皆さんもこの不幸な歴史を忘れることなく多くのことを学びとり、何故そうなったのか、どうすれば避けられたのか等をしっかり見つめ、皆さんの活躍する時代も平和な世の中が続くよう一緒に努力をしてまいりましょう。
 また、甲子園をはじめ日本各地で例年に負けない高校生や中学生の皆さんの溌剌としたプレーが繰り広げられ、多くの人たちに感動と勇気をいただきました。「日本の未来を担う若者達がここにいる。」という嬉しさがこみ上げてきました。結果は時の運もあり予想を超えるものや、実力通りの結果となり悲喜こもごもでありますが、出来るなら全ての選手やチームに優勝の栄誉を与えてあげたいと思います。特に高校野球では、関東勢の大活躍が話題を呼びました。
 生徒の皆さん方の近くの人や知っている人が活躍していたかもしれません。 来年度は、ここにいる本校の生徒の中から関東大会或いは全国大会に出場する選手やチームが出現することを期待しております。それには、日頃からの練習や個々の努力が大切です。高い目標や意識をもって望むことから道は開かれます。諦めず頑張ってください。君たちはまだまだ伸びざかりです。5年先の東京オリンピック選手の候補の一人としての可能性を持っているわけです。また、スポーツだけではありません。文化面でも大いに期待しております。精進して下さい。期待しております。
 さて、長い2学期が始まります。そして、沢山の行事も控えております。近いところでは、9月17日の芸術鑑賞会、19日・20日のひなづる祭があります。生徒会や3年生のみなさんを中心に一学期から準備など一生懸命取り組んでいる姿を見かけました。その成果を楽しみにしています。ひなづる祭を成功させるためには、生徒会、実行委員会などのみなさんが一致団結して、生徒のみなさんの先頭に立ち元気に取り組むことが大事です。又、生徒一人一人がそれに協力し、真剣に活動に参加することだと思います。このひなづる祭では、至誠・和敬・慈愛を、次の言葉に置き換えて頑張ってみてください。至誠は何事にも一生懸命取り組む、和敬は仲間と共に協力して取り組む、慈愛は仲間や来校者の皆様方に感謝の気持ちをもっておもてなしをする。この気持ちを忘れずにひなづる祭を成功に導いてください。
 一方、この2学期は、高校3年生或いは中学3年生にとって将来への足がかりとなる大変大事な時期となります。自分を甘やかす言い訳は沢山ありますが、「後悔先に立たず」です。あの時勉強しておけば、あの一言で目が覚めていたらと悔やむことのなきよう、自分で出来ることから確実に取り組むことが大事です。目先の不安や誘惑に惑わされず自分の目標をしっかり持ち、1日も早く頑張りモードに切り替えて下さい。
最後に、先ほども申しましたが、2学期も同じように、至誠・和敬・慈愛を実践し、建学の精神である「社会や人の役に立つ人間」としての成長をお願いすると共に基本的生活習慣の定着もお願いします。夏休み中に乱れた生活習慣で過ごした人もいたと思います。目的や目標を定めて計画的に精一杯の取り組みを実践し、安全で楽しい学校生活を更に作り上げていきましょう。

 ようやく暑さの峠も過ぎて、幾分気温の低下を感じるこの頃ですが、暑い夏はまだ続いております。
 残暑お見舞い申し上げます。
 7月19日から42日間という長期にわたる夏休みも、残すところあと1週間となりました。夏期講習、部活の合宿等の学校行事や家族旅行など多くの素適な体験を通して一段と成長された生徒の皆さんとの再会が近づいてまいりました。時々学校で見かける生徒の皆さんの横顔は、夏の始めより一層黒く日に焼け、逞しさも増してきたと感じておりました。
 さて、この夏休み中に大阪の寝屋川市で残念な事件が発生しました。中一の男女が行方不明の末、遺体で発見されました。まだ事件の概要の解明がなされていませんので詳しくは申し上げられませんが、犯人への憤りは禁じえません。生徒の皆さんには、これからのご自分の生活の安全への見直しを図っていただきたいと思っています。携帯があるからとか、防犯カメラがあるとか、交番があるとか、人通りがあるから安全なのではありません。一番大事なことは、自分自身が危険を察知できる判断力や思考力、回避能力を身に着けなければならないということです。決して人任せ、物任せになることなく、これから残された夏休みの安全な生活をお願いします。また、二学期以降の生活の安全についてもしっかりとご家族の皆様と一緒に考えて通学、活動をお願いします。最後になりますが、保護者の皆様方にもお子様の安全な生活についてのご対応をよろしくお願い申し上げます。
 

pagetop