学校長ブログ

4月24日〜26日、山梨県の西湖にて行われた中学一年生のオープニングセミナー、高校一年生の勉強合宿と
4月27日〜29日、福島県ブリティッシュヒルズにて行われた中学二年生・高校二年生による語学研修に引率で
一緒に行ってきました。それぞれの活動の狙いに即して生徒たちが一生懸命取り組んでおりました。今年の大きな
テーマは、「主体的に行動する」として、教師の指示待ちにならないよう、自ら考え、判断して積極的に行動する
ことが達成できるように様々なメニューにトライしておりました。なかなかすぐには到達とはいきませんが、努力
する姿を多く目にすることができ、今後への期待感を持つことができました。
まだ今年度が始まったばかりではありますが、体育祭(8月31日)・文化祭(ひなづる祭9月17日〜18日)
等の取り組みにも反映されるような気がしています。今からとても楽しみです。

平成28年度、貞静学園中学校・高等学校は創立86年目を迎えました。私をはじめ教職員一同この歴史と伝統を重く受け止め、新たな飛躍を期してこの一年間を実り多い年となるよう精進いたしてまいります。昨年度同様、変わらぬご支援ご指導を宜しくお願い申し上げます。
今年度は、建学の精神「至誠・和敬・慈愛」の一層の徹底と「知識力・貢献力・人間力」の更なる高まりを求め、特に「主体性」の伸長を掲げ、「誰がやるのではなく、自分がやる」の精神の下、学習・行事・クラブ活動等、より実践的に教育活動を推進してまいります。
さて、4月7日第一学期始業式を皮切りに、平成28年度の教育活動がスタートいたしました。無事進級を果たした安堵感と新しい学年・学級への期待感があふれる式でした。また、新2・3年生には明日入学してくる新入生への支援と指導をお願いいたしました。
そして4月8日には、中学生12名、高校生203名の新入生を迎えた入学式が厳粛な雰囲気の中挙行することができました。新入生お一人お一人の緊張感と入学の喜びや期待感にあふれる姿をがとても印象的でした。これからの成長を予感させるものがありました。
今年も月一度の学校長ブログをアップしてまいります。お楽しみください。
H28nyugakushiki

IMG_7863

先日、生徒会の皆さんのお手伝いで雛人形を飾りました。

本校が女子校時代から代々伝わる由緒ある雛人形を壊さぬよ
うにと、男子生徒も大汗をかいて慎重に扱ってくれました。
無事7段飾りの雛人形のお披露目となりました。
共学校になっても、無くしてはならない日本の文化と日本
人の心をしっかり受け継ぎながら、新たな一歩を歩んでおります。
もうすぐひな祭りということは、卒業式・修了式も近づいてきてい
るわけです。
気を引き締め、今年度の締めくくりをしっかり進めてまいります。

明けましておめでとうございます。平成28年もよろしくお願い申し上げます。
本日の始業式を皮切りに1年のまとめとなる三学期が始まりました。
なお、お陰様で冬休みでの事故等の報告もなく全生徒無事に過ごすことができたようです。
さて、平成27年度も残すところ3か月を切りました。この先受験指導や進級への指導をはじめ、
各種の行事(卒業式、修学旅行、スキー研修等)控えておりますが、教職員一同力を合わせてまいりますので
今後とも変わらぬご支援ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

12月22日 (火)

二学期終業式 式辞

おはようございます。
残暑厳しい9月に始まり、行事の多い二学期もいよいよ終わりを迎えることとなりました。ここに大きな事故や問題もなく無事に終業式を執り行えることを心より嬉しく思っております。
この2学期は、沢山の実りがありました。少し振り返ってみたいと思います。
はじめに、9月の文化祭「ひなづる祭」では、「魅せようそれぞれのカラー」のテーマの下、全校挙げての綿密な準備を進め、中身の濃い二日間を過ごしました。ご参加いただいた皆様方からは、盛りだくさんの内容でとても楽しかった。或いは、生徒の皆さんの素晴らしいパフォーマンスに感動しましたなどの高評価を沢山いただきました。生徒会の皆さんをはじめ、実行委員会の皆さんが中心となって成功に導いていただけました。また、各学年・学級或いは各クラブの皆さんの頑張りも素晴らしく、教室展示や企画内容に工夫改善がなされ、昨年からの成長を強く感じました。改めてここに感謝申し上げます。
更に、昨年参観された皆様方からの「鑑賞態度がうるさくて発表を楽しく見ることが出来なかった」などの厳しいご指摘に対して、一人一人が心がけを改めると共に全校生徒一丸となっての取組が実り、落ち着いた雰囲気の中での素晴らしい発表と鑑賞が展開されておりました。この点でも確かな成長を感じました。
10月の赤い羽根の募金活動、本校の建学の精神に基づいた社会貢献のねらいに即した素晴らしい活動が実践されました。赤い羽根の募金活動では、二百万円近い多額の募金をいただきました。各駅の改札口や通路での声を張り上げてお願いする姿は大変立派でした。皆さんの頑張りと募金に協力をいただいた多くの方々へ感謝を申し上げます。この後に、ボランティア委員の代表より都の共同募金会の方へ直接贈呈されます。
また、1学期に比べて表彰する機会が多くありました。日頃の授業で学んだことや練習の成果が少しづつ発揮され、運動部や文化部の活躍を嬉しく思います。今後も各部活動において、しっかり取り組み好成績を残し、自分自身のキャリアアップに努め、今後の進路決定の際に自己アピールにも役立ててください。
その他では、中学3年生の京都・奈良への修学旅行があり、日本の歴史と文化について学び、また高校1年生や中学生のテーブルマナーの研修では食事の作法や食文化について学ぶことが出来ました。この様な様々な活動を通して皆さん一人一人の知識力・人間力・貢献力が高まり大きな成果を上げておりますが、まだ達成できていない面も多々あります。しっかりと反省をしこれからも目標を持って取り組んでいきましょう。
最後に、お願いを一つします。それは、安全で健康的で充実した冬休みを送って欲しいと言うことです。年の瀬を迎え世の中が少し落ち着かなくなってくると、不審者によるいたずらや交通事故による死亡事故が増えてきます。その他様々な犯罪に中高生が巻き込まれることが多くなります。皆さん方一人一人がこの冬休み期間中においても、落ち着いて行動をしてほしいと願っております。また、最近の傾向としては携帯電話やスマートホンなどを利用した誹謗中傷による人権侵害などの事件やトラブルが多発しており、社会的な事件に発展するなどに巻き込まれたりと問題になっております。一昨日の大塚警察署の方からの指導を思い出し、犯罪に巻き込まれないこと或いは起こさないようにお願いいたします。全て自分自身の心がけです。最近では安全は、誰かを当てにせず自分で作り上げるものと言われております。注意力散漫な生活をしないようにしましょう。そして、規則正しい生活習慣の実行です。もう耳にたこができるほどお願いしていますが、まだ実行できていない人がおります。望ましい生活習慣こそが学力向上の第一歩です。3年生の皆さん、受験を前に夜更かし、夜遊びは禁物ですよ。試験は早朝から始まります。朝型人間になって下さい。
来年は2016年、平成28年は申年です。「申(サル)」が「去る」という意味を表し、「悪いことが去る」や「病が去る」などいいことや幸せがやってくるという年となる、という一説があります。(ちなみに動物の「猿」とは直接関係はないそうですが、後付けで十二支を覚えやすくしたものだそうです。)先ほど申し上げた説を信じて、来年一年が生徒の皆様一人ひとりにとって、幸せな一年となることを願いまして式辞とします。
一足早いですが、良いお年をお迎え下さい。

pagetop