09月02日 (火)

二学期始業式 式辞

おはようございます。
42日間の長い夏休みも,終わってみれば「あっ」という間でしたね。幸いにも全校生徒,誰一人大きな事故怪我にも合わず無事に過ごしてくれたことを大変嬉しく思います。みなさんの顔を見ると真っ黒に日焼けしている人が多く,一段と逞しくなってきたなーと感じます。
 今年の夏休みは,様々な社会問題が発生しました。特に同級生による殺人事件や家出した少女が殺害される等の常軌を逸した事件の報道がメディアを通して届き、私自身大きなショックを受けました。また、この8月の豪雨による大雨洪水等が各地で発生し、特に広島県など西日本では大きな被害を受け、多くの尊い命が失われました。水の事故や山での遭難も相次ぎました。
改めて、皆さんと共に亡くなられた方へのご冥福を祈り哀悼の意を表したいと思います。
一方、甲子園をはじめ日本各地で例年に負けない高校生や中学生の皆さんの溌剌としたプレーが繰り広げられ、多くの人たちに感動と勇気をいただきました。「日本の未来を担う若者達がここにいる。」という嬉しさがこみ上げてきました。結果は時の運もあり予想を超えるものや,実力通りの結果となり悲喜こもごもでありますが、出来るなら全ての選手やチームに優勝の栄誉を与えてあげたいと思います。特に軟式野球は延長に次ぐ延長で50回を戦うという壮絶な試合でした。
 来年度は、ここにいる本校の生徒の中から関東大会或いは全国大会に出場する選手やチームが出現することを期待しております。それには、日頃からの練習や個々の努力が大切です。高い目標や意識をもって望むことから道は開かれます。諦めず頑張ってください。君たちはまだまだ伸びざかりです。6年先の東京オリンピック選手の候補の一人としての可能性を持っているわけです。また、スポーツだけではありません。文化面でも大いに期待しております。精進して下さい。
 さて,長い2学期が始まります。そして,沢山の行事も控えております。近いところでは,9月20日のひなづる祭があります。生徒会や3年生のみなさんを中心に一学期から準備など一生懸命取り組んでいる姿を見かけました。その成果を楽しみにしています。ひなづる祭を成功させるためには,生徒会,実行委員会などのみなさんが一致団結して,生徒のみなさんの先頭に立ち元気に取り組むことが大事です。又,生徒一人一人がそれに協力し,真剣に活動に参加することだと思います。昨年の反省を生かして,それぞれの置かれている状況には違いがあるが、互いの立場を尊重して自分のできることを精一杯取り組む姿を見せてください。自分を育てる力は,特別なことでなく,毎日の積み重ねを疎かにしない,たゆまぬ歩みに他ありません。当たり前のことを当たり前に出来ることが偉大なことだと思います。
  この2学期は,高校3年生或いは中学3年生にとって将来への足がかりとなる大変大事な時期となります。早い人では受験がまじかに迫っていますが、しかし,中にはまだまだ先と甘い考えに浸り,誘惑に負けたり或いは目的が希薄でぼけーっと過ごす人が若干いると聞いております。それは受験への不安から勉強が手につかず,楽な方に逃げてしまう事やクラブから解放され,何時までも遊び気分から抜けきれずだらけた生活に明け暮れる事からきているかもしれません。確かに人は、弱い面を誰もが持ち合わせていますが,それに何時までも甘えていることは何の成長をもたらしません。自分を甘やかす言い訳は沢山あります。「後悔先に立たず」です。あの時勉強しておけば,あの一言で目が覚めていたらと悔やむことのなきよう,自分で出来ることから確実に取り組むことが大事です。目先の不安や誘惑に惑わされず自分の目標をしっかり持ち,1日も早く頑張りモードに切り替えて下さい。
最後に,1学期にも申し上げましたが,2学期も同じように,建学の精神である「社会や人の役に立つ人間」としての成長をお願いすると共に基本的生活習慣の定着もお願いします。夏休み中に乱れた生活習慣で過ごした人もいたかと思います。一日も早く学校生活のリズムを取り戻して,夏休み気分から抜け出して,何となく,だらだらと,適当に,自分勝手に等の気持ちで生活することの無いように自分自身を高めていきましょう。そして,目的や目標を定めて計画的に精一杯の取り組みを実践し,安全で楽しい学校生活を更に作り上げていきましょう。

pagetop