東京都文京区、東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅徒歩1分の立地にある私立中高一貫校「貞静学園中学校・高等学校」

東京都文京区、東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅徒歩1分の立地にある私立中高一貫校「貞静学園中学校・高等学校」

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

貞静学園への電話問い合わせ03-3943-3711

受付時間|9:00〜18:00 (日曜・祝日を除く)

貞静学園ロゴ貞静学園中学校・高等学校

〒112-8625
東京都文京区大塚1-2-10

TEL:03-3943-3711

FAX:03-3945-8895

貞静学園短期大学 貞静幼稚園

中学課程
国際教育・サイエンスリテラシー教育

INTERNATIONAL & SCIENCE LITERACY EDUCATION

TEISEIの国際教育

TEISEIの国際教育

「世界を広げ 自己を深める」地球的規模で考え、行動できる日本人を育む。

同じ地球人としてさまざまなバックボーンを持つ人々と協働していくことが求められるこれからの社会。国際社会の中でのコミュニケーションツールとしての英語の習得はもちろん、異文化への理解とともに、自国についての理解を深めていくことが必要であると私たちは考えます。
世界を広げ、自己を深める。両軸をバランスよく育むのがTEISEIの国際教育です。

世界を広げる

日常の中で国際感覚を磨く

日常の中で国際感覚を磨く

聞く力・話す力の向上で、新大学入試対策を

ネイティブ教員がHRに入り、スピーチやQ&Aを行い、英語でのコミュニケーション力を身につけていきます。また、タブレットを活用した英語指導「スタディサプリEnglish」の導入により、聞く力、話す力を鍛え、新大学入試に向けた英語4技能対策にもつなげていきます。

英語での発信力を体系的に高める

英語での発信力を体系的に高める

レシテーションコンテスト

英語の物語や詩を題材にレシテーションコンテストを年に1回実施。1年次はレシテーションと簡単なスピーチ、2年次はスピーチ、3年次は英語によるプレゼンテーションを課題として英語での発信力を段階的に養成しています。

コンテストで問われる4つの力

  • Pronunciation(発音)
  • Fluency(イントネーション・流暢さ)
  • Attitude(姿勢・目線・声の大きさ)
  • Expression(声での表現)

校外に赴きリアルな異文化に触れる

校外に赴きリアルな異文化に触れる

ブリティッシュヒルズでの2泊3日の語学研修(2年次)

2年次に福島県にあるAll Englishの学習施設に2泊3日で宿泊し、さまざまなプログラムを通して、英語の活用力とコミュニケーション能力を養います。

ニュージーランド/オーストラリアホームステイ(3年次希望制)

3年次の夏休みに希望制でホームステイを実施。異文化に飛び込むことで、グローバルスキルの向上とともにグローバル化への意識の芽生えが促されます。

自己を深める

国際人に必要な教養を深める総合学習

国際人に必要な教養を深める総合学習

総合学習では「国際理解」「環境」「人権」のテーマを3年サイクルで探究。生徒たちが主体的に調べ、パワーポイントにまとめ、文化祭では3学年縦割りでグループ発表。年度末には個人発表をします。

総合学習テーマは「国際理解」

東京オリンピック/パラリンピックについて企業による授業プログラムなどを実施。保護者参加の発表会で持続可能な社会の実現に向けての方策を出し、行動することを目標とします。

自国の文化や歴史を探究する日本文化の理解と実践

自国の文化や歴史を探究する日本文化の理解と実践

3年間のさまざまな場面で短歌を作成し、3年に一度「ひなづる万葉」を編纂。他にも礼法、華道、茶道、歌舞伎鑑賞教室、和太鼓鑑賞、3年次の京都奈良修学旅行など、自国の文化や歴史の深い理解につなげます。

TEISEIのサイエンスリテラシー教育

TEISEIのサイエンスリテラシー教育

科学への好奇心と思考力・応用力を体系的に育む。

これからの人材育成に不可欠なサイエンスリテラシーの育成に向け、中学3年間では理数分野の教育に力を入れています。
ICTなどを活用し、基礎から応用まで「楽しく続けられる」体系的な理数教育を展開。科学的な視点や思考力・判断力、21世紀の地球人として社会で使え、応用できる力の育成など、総合的に学ぶ力を育みます。

サイエンスリテラシーを段階的に育む

T E I S E Iの理数教育が目指すところ

HOP

  • 中学

基礎固め

基礎からじっくり学び直し、理数への好奇心・思考力を育む。

STEP

  • 中学
  • 高校

実践的な学び

教科を横断した応用的な理数の力を身につける。

JUMP

  • 高校
  • 社会へ

応用的な学び

社会や日常生活の中で使える実践的な理数の力を育む。

基礎から「できる」を積み重ねて、楽しく理数を続けられる土台づくり

基礎から「できる」を積み重ねて、楽しく理数を続けられる土台づくり

グラフを自分で書き、読み取り、統計を取るなど理数の基礎を通して、理数分野への好奇心と思考力を育みます。「知る」「できる」といった成功体験を積み重ねることで、理数分野への苦手意識を持たせることなく、応用的な学びへと発展させていきます。

実践的な理数のコラボ授業などで応用的な知識・思考力・判断力を

実践的な理数のコラボ授業などで応用的な知識・思考力・判断力を

たとえば中庭にある木の高さや東京都のごみ箱の数を数学的見地から類推するなど、理数をコラボさせながら日常生活や社会において使える知識・思考力・判断力を育みます。こうした応用力と実践力を身につけ、高校やその先の未来へとつなげます。

充実のICT環境で新たな学びを徹底サポート

「2018年度スタディサプリ活用先進校」に選出

「2018年度スタディサプリ活用先進校」に選出

I CTを次世代の必須の学習ツールと捉え、2019年度からは校内にWi-Fiを完備し、全生徒、教員が一人1台のタブレットを利用できる環境を整備。授業でも積極的に活用し、2018年度には「スタディサプリ」の活用先進校に選出されるなど、その取り組みは高く評価されています。また、今後は社会人向けのアプリケーションの導入なども検討していきます。

電子黒板を使用した指導

電子黒板を使用した指導

校内にWi-Fi環境を整備

校内にWi-Fi環境を整備

一人1台のタブレット利用

一人1台のタブレット利用

※理数教科以外でもタブレットを使った英語授業(スタディサプリEnglish)やアプリを使ったプログラミング(MESH)教育などを実践しています。