総合進学コースブログ

先日、高校2年生の進学ガイダンスがありました。
2年生は受験までは1年以上もあり、まだまだ先のことのように感じられます。
しかし、時間というのはあっという間に過ぎるもの。そろそろ志望校を決めて受験勉強に取り掛かりたいものです。
H23.5.30 高2進学ガイダンス 001.jpg
ガイダンスではまず、大学、専門学校ごとに、それぞれの特徴や受験方法などの違いについての講義を受けました。
つづいて分野に分かれての説明会でした。それぞれ学校の方をお招きして実際の話を聞きました。看護コースは、看護医療系の大学のほかに歯科、心理系などぞれぞれの希望に合わせた学校に分かれていました。
少しは、自分進路について想像ができたでしょうか。
H23.5.30 高2進学ガイダンス 010.jpg

05月31日 (火)

中間終わる。

ちょっぴりご無沙汰です。
先週末は三日間の中間試験でした。学校内もいつもより真剣なムード。
特に、進路のかかった3年生はいつも以上に頑張っていました。
1年生は初めての試験で、緊張していましたね。
2年生は、どうだったでしょう。
日頃の成果が問われる三日間だったと思います。
自分は何が得意で、何が苦手なのか。
そのことを見極めるのが、定期試験でもあるのではないでしょうか。
テスト終わって早速ですが、
昨日は高2で進学ガイダンスがありました。
近々その様子をアップしたいと思います。

05月18日 (水)

勉強のコツ

 いよいよ中間試験1週間前となりました。
それぞれが自分に合った計画を立てて、少しずつ勉強に取り組んでいることと思います。看護コースの生徒たちも、勉強しなくちゃ、という気になっている様子が伝わってきます。
しかし、やる気はあるのですが、具体的にどうやって勉強すればいいのかが分からない…という人もいるようです。英文学者の外山滋比古教授の「ちょっとした勉強のコツ」と題した本に、健康生活を送る上でも興味深い内容が書かれてありました。大事な点をピックアップしてみましたので、参考にしてみてはいかがでしょう。
1.朝飯前にやってしまう。
   満腹時よりも空腹時の方が頭がよく働くというのは、年齢を重ねるにつれてそう思います。
2.勉強する環境を整える。
   取りかかってもすぐに他のことがやりたくなってしまうような気持ちの時には、「勉強部屋」等で、まず気持ちをスイッチする必要があるようです。
3.頭を冷やす。
   頭を冷やして足を温めよ、というのは、よく言われることです。
4.かすかな音楽を聴く。
   「かすかな」とは、集中をさまたげない程度の、という意味です。
5.歩きながら考える。
   散歩などの軽い運動は、脳の活性化を促します。
6.マメに休憩をとる。
   ほんのわずかでも休憩をとることで、精神のスイッチがうまくいき、無駄がなくなるそうです。
 考えてみれば、ごく普通のことではあります。
しかし、このごく普通のことが意外に続けられないのが現状ではないでしょうか。
世の中には、そうそうスーパーマンはいませんが、そのように見える人たちは効果的な工夫に余念がない、ということですね。各教科の具体的な勉強方法は、先生方やS-naviのチューターの先生にも聞いてみましょう。ヒントが得られるかもしれませんよ。

H23.5.16 グループコミュニケーション 003.jpgH23.5.16 グループコミュニケーション 001.jpg
今日は全校、6時間目がグループコミュニケーションでした。
1年生は「自己紹介ゲーム」、2年生は「私が勉強する理由」、
3年生は「進学・就職のための自己アピール」。
それぞれ学年ごとの目標、ねらいによって内容が違います。
H23.5.16 グループコミュニケーション 002.jpg
友達の意見を聞くことは参考になる。
目を見てはなすのは大事なこと
楽しかった、みんなの意見が聞けて良かった
そんな感想が聞かれました。

11日(水)1限目に、高校1年生のグループコミュニケーション「適職探し」が行われました。
以前、生徒たちはエゴグラムを行っています。エゴグラムでは、自身を客観的に見て分析し、よりコミュニケーション能力を高めるためにはどのようにすればよいか、また、人に対して”自分”をどのように伝えるかを学びました。
その流れをくみ、自分の合っている職種は何か?ということを軸に話を進めます。
エゴグラムと同じようにテストを行って、自分に合っている職種を考えると同時に自分はどのように見られているのか、ということも考えていきます。
H23.5.11 高1 グループコミュニケーション 002.jpg
まずはチェックリストにチェックを入れ、自分のなりたい職業と、合っているであろう職業を確認します。自分が目指す職業と一致する者もいれば、全く違う結果になった者もいたようです。
その後、グループになり、他のメンバーから、「あなたに合っている職業は○○です」と言われます。ある人は「教師に向いている」、ある人は「看護師に向いている」…あちらこちらで歓声が上がりました。このことから自分が周囲にどのような印象を与えているかが分かります。
最後にグループ発表です。今回は時間の制約があり、代表者が高校1年生全体の前で発表しました。一人一人が代表者の発表を食い入るように聴いていました。
看護師を目指す人、医療系を目指す人、まだ希望が固まっていない人、一人一人の目標はさまざまですが、今回の結果が何を目指すのか、の参考になってくれれば幸いです。
H23.5.11 高1 グループコミュニケーション 004.jpg

pagetop