幼児教育・保育系進学コースブログ

08月09日 (火)

夏休み前半

こんにちは!
今回は幼児教育コース担任の投稿です。

夏休みに入り、部活動の声が体育館や中庭、テニスコートに響いています。
先日バドミントン部は合宿に行ってきました。
8月14日からの新人戦にむけて部活としての良い空気を保ちながら
進んでいきたいと思います。

7月25日(月)の学校風景です。

午前中は、ソフトテニス部・フットサル部・卓球部・バドミントン部が活動中でした。

IMG_8147IMG_8152IMG_8160IMG_8166

IMG_8144

IMG_8150

中学校1年、高校1年の教室に行ってみました。中学生・高校生ともに夏期講習真っ最中でした。
中学生も高校生も夢の実現に向けて、皆汗を流し頑張っています。
鍛えの青春、鍛えの夏、この夏休みで大きく成長しましょう!!

07月25日 (月)

体育祭に向けて

こんにちは、3年6組です。

8月の体育祭にむけて、競技の練習をしています。

ABC
進路に向かう大切な時期ですが、最後の体育祭は絶対に優勝したいと思っています。
進路も体育祭も全力でがんばります!!

07月22日 (金)

1年6組です!

1年6組です。

一学期の期末考査も無事終了し、本日より夏季休暇に入ります。

先日1年6組では、特別編成授業で華道を学びました。華道の先生からお花の説明や全体のバランスの取り方などを教えていただいた後、生徒たちは自らの感性に従って、作品作りに一生懸命取り組んでいる姿が見受けられました。華道を学ぶことによって、日本文化に対する理解を深めることができ、良い経験となったと思います。

そして、昨日の学年集会では、夏季休暇中の過ごし方や宿題に関する徹底を行いました。学年・各教科・各コースからそれぞれの宿題が出ています。

幼児教育コースでは、全員が保育園や幼稚園にて3日間ほどのボランティア体験をし、報告書を作成する宿題やオープンキャンパスに参加し、レポートを作成する宿題などが出ています。進路に関しては、まだまだ先のことと考えている人もいるかと思いますが、時間はあっという間です。この高校1年生の夏休みを十分に活用し、しっかりと自分自身と向き合う有意義な夏季休暇にしてほしいと思っています。

IMG_2357IMG_2363IMG_2381

昨日、1・2年生を対象に社会人講話がおこなわれました。

板橋区にある北野保育園より3名の保育士の方がお話にきてくださいました。

自己紹介をしていただいた後、アイスブレイクで『いわしのひらき』の手遊びをしました。

 

その後の講話は、事前に行った生徒たちのアンケートにあった質問事項に答えていただくパネルディスカッション方式でおこなわれました。

印象に残っている質問のいくつかをご紹介します。

 

まずは『高校生のうちからやっておいたほうがいい教科』についてです。

答えは『国語』でしたが、その理由は『相手に自分の考えや気持ちを適切に伝えることができるようにするため。』というものでした。生徒たちは「なるほど」と納得している様子でした。

 

また、『人見知りでも保育士になれますか?』という質問には『人見知りは誰でも持っているもの。自分がそう思いこんでいるだけで、相手はそんなことを思っていないかもしれません。自分が変われば人見知りはなおります。』という内容のお話にもほっとした表情の生徒たちが見受けられました。

 

『ピアノが苦手です。得意になるには?』という質問には『練習あるのみ』というお答え。でも、先生方は高校を卒業してから始めたので、今のうちから”できる”と信じてひたすら練習すれば大丈夫と安心させてくれました。

 

 

休憩時間を挟んでワークショップをおこないました。1星を切る 2パイナップルサンクスカード 3連結フォルムを教えていただきました。

 

1星を切るは折り紙を5等分におり、斜めに切り取るというものでした。言葉で表すほど簡単なものではなく、みんな大苦戦でした。これにかなりの時間がかかってしまいました。

 

2パイナップルサンクスカードは画用紙を半分におり、1か所つながった状態の絵を描き、切り取りました。このカードに1の星を張り付けてカードに飾りを付けました。誰かにサンクスカードを贈ってくださいね。と先生方からお言葉をいただき、教室に戻った後も楽しそうに飾り付けしていました。

 

3連結フォルムは2の応用で新聞紙をいくつもにおり、端がつながった絵を描き切り取るといくつもの形が連なるというものでしたが、こちらは時間の関係上、紹介していただくだけになってしまいました。

 

最後に制作物は受けとってくれる人の気持ちになって作ることが大切であるというお話をいただきました。

 

2時間があっという間に終わり、生徒たちは実りある時間を過ごすことができました。

 

IMG_2340CIMG1489CIMG1493

 

 

 

 

 

生徒の感想より(抜粋)

・保育士になるには子どもを想う気持ちが一番大切だと思った。人見知りをなおすのにも、汚物の処理なども子どもを想う気持ちがあれば「最悪」とは思わず、「大丈夫かな?」と心配をする。私も子どもが大好きだから子どもを一番に想える先生になりたい。

 

・子どもの前ではイヤなことがあったとしても絶対に表には出さないところがプロだなと思いました。そして努力をしていれば技術的なことは何とかなると知ったので少しずつ努力していこうと思いました。

 

・保護者の対応について、きちんと話を聞いて、思いを伝えるためにもやはり国語は必要なんだと改めて思いました。

 

・保育士になりたい理由について子どもが好きという以外にあまり特別な理由がなく、こんな考えだけで保育士になるのは難しいのではないかと思うことが多くありました。しかし、今日のお話を聴いて、その気持ちがあれば充分なんだということに気が付きました。

 

・今回の講話で部活を頑張ろうと思いました。直接関係のないものだけど、3年間やり通すことの大切さ、それにより培われる精神は高校生の今でなければ身につけられないと感じました。

 

・保育園ではいろいろなトラブルがありますが、子どもが好きで子どもと関わることが好きならばどんな困難があっても乗り越えて行けると思います。だから、自分の夢はあきらめないで何事も全力で取り組んでみようと思いました。

 

など、たくさんの素敵な感想が寄せられました。どの生徒の胸にも響くものがあったのだと嬉しく思います。

 

北野保育園の先生方、貴重な時間をありがとうございました。

pagetop