幼児教育・保育系進学コースブログ

昨日、1・2年生を対象に社会人講話がおこなわれました。

板橋区にある北野保育園より3名の保育士の方がお話にきてくださいました。

自己紹介をしていただいた後、アイスブレイクで『いわしのひらき』の手遊びをしました。

 

その後の講話は、事前に行った生徒たちのアンケートにあった質問事項に答えていただくパネルディスカッション方式でおこなわれました。

印象に残っている質問のいくつかをご紹介します。

 

まずは『高校生のうちからやっておいたほうがいい教科』についてです。

答えは『国語』でしたが、その理由は『相手に自分の考えや気持ちを適切に伝えることができるようにするため。』というものでした。生徒たちは「なるほど」と納得している様子でした。

 

また、『人見知りでも保育士になれますか?』という質問には『人見知りは誰でも持っているもの。自分がそう思いこんでいるだけで、相手はそんなことを思っていないかもしれません。自分が変われば人見知りはなおります。』という内容のお話にもほっとした表情の生徒たちが見受けられました。

 

『ピアノが苦手です。得意になるには?』という質問には『練習あるのみ』というお答え。でも、先生方は高校を卒業してから始めたので、今のうちから”できる”と信じてひたすら練習すれば大丈夫と安心させてくれました。

 

 

休憩時間を挟んでワークショップをおこないました。1星を切る 2パイナップルサンクスカード 3連結フォルムを教えていただきました。

 

1星を切るは折り紙を5等分におり、斜めに切り取るというものでした。言葉で表すほど簡単なものではなく、みんな大苦戦でした。これにかなりの時間がかかってしまいました。

 

2パイナップルサンクスカードは画用紙を半分におり、1か所つながった状態の絵を描き、切り取りました。このカードに1の星を張り付けてカードに飾りを付けました。誰かにサンクスカードを贈ってくださいね。と先生方からお言葉をいただき、教室に戻った後も楽しそうに飾り付けしていました。

 

3連結フォルムは2の応用で新聞紙をいくつもにおり、端がつながった絵を描き切り取るといくつもの形が連なるというものでしたが、こちらは時間の関係上、紹介していただくだけになってしまいました。

 

最後に制作物は受けとってくれる人の気持ちになって作ることが大切であるというお話をいただきました。

 

2時間があっという間に終わり、生徒たちは実りある時間を過ごすことができました。

 

IMG_2340CIMG1489CIMG1493

 

 

 

 

 

生徒の感想より(抜粋)

・保育士になるには子どもを想う気持ちが一番大切だと思った。人見知りをなおすのにも、汚物の処理なども子どもを想う気持ちがあれば「最悪」とは思わず、「大丈夫かな?」と心配をする。私も子どもが大好きだから子どもを一番に想える先生になりたい。

 

・子どもの前ではイヤなことがあったとしても絶対に表には出さないところがプロだなと思いました。そして努力をしていれば技術的なことは何とかなると知ったので少しずつ努力していこうと思いました。

 

・保護者の対応について、きちんと話を聞いて、思いを伝えるためにもやはり国語は必要なんだと改めて思いました。

 

・保育士になりたい理由について子どもが好きという以外にあまり特別な理由がなく、こんな考えだけで保育士になるのは難しいのではないかと思うことが多くありました。しかし、今日のお話を聴いて、その気持ちがあれば充分なんだということに気が付きました。

 

・今回の講話で部活を頑張ろうと思いました。直接関係のないものだけど、3年間やり通すことの大切さ、それにより培われる精神は高校生の今でなければ身につけられないと感じました。

 

・保育園ではいろいろなトラブルがありますが、子どもが好きで子どもと関わることが好きならばどんな困難があっても乗り越えて行けると思います。だから、自分の夢はあきらめないで何事も全力で取り組んでみようと思いました。

 

など、たくさんの素敵な感想が寄せられました。どの生徒の胸にも響くものがあったのだと嬉しく思います。

 

北野保育園の先生方、貴重な時間をありがとうございました。

07月10日 (日)

受験に向けて

7月9日(土) 受験に向けて、学年集会やクラスホームルームが行われました。

学年集会では、夏休み中の勉強の進め方や勉強時間を確保するための方法、書類作成時に注意するポイントなどを確認しました。また、AO入試や推薦入試で必要となる面接試験や志望理由書の準備の仕方についても確認を行いました。
クラスホームルームでは、リフレクションを行いました。リフレクションは、「内省する」という意味です。過去に起きた出来事の真意を探り、自分のあり方を見つめ直すことで、自己理解を深めることができます。面接や志望理由書の作成で欠かすことのできない「自己理解」を、グループワークを通して学びました。

IMG_8120

 

 

〜グループワークの感想〜
自分が思っていた印象と他人から見た印象が違うところが面白かった。みんなからの私に対する印象としては明るい感じに見てもらえていて良かった。
自分の性格について改めて知ることができた。自分が思っていた「真面目な」はみんな○を付けてくれていた。意外だったのは、「決断力のある」だ。自分ではないと思っていたので驚いた。これから面接や志望理由書に取り組むなかで、活かしていこうと思った。
グループ内の人たちが私に対してどのような印象を持っているか知ることができました。普段あまり話さない人からどのように思われているか知れて参考になりました。また、自分がどのような人物なのかを再度、知ることができて良かったです。

6月27日(月)5限に 高校2年対象 幼教コース集会が行われました。今年度はプレゼンテーションコンテストを11月に実施するということで事前のオリエンテーションがありました。毎年大進コースのクラスではプレゼンテーションコンテストを行っているため、参考のスライドを見せて頂き、様々な工夫をこらしたスライドはとても見やすく面白いものでした。私たちは幼教として面白いものができるんでしょうか?

またこの6月27日は期末試験1週間前!みんな必死に勉強しています。自分の夢に向けて頑張ります!

IMG_8108 IMG_8110

 

 

 

 

 

 

 

 

06月27日 (月)

コース発表に向けて

先日5限目の保育福祉という授業で、11月に発表する「理想の保育園」というテーマについての調べ学習を行いました。今回はまずグループにわかれて意見を出し合いサブタイトルを決めました。IMG_8098

みんな積極的に意見を出し合い最終的にクラスで意見をまとめることができました。将来保育者を目指すもの同士で意識も高く、いい結論を出すことができたと思います。

 

IMG_8088

06月17日 (金)

基礎小論文

皆様、こんにちは。先日の総合学習の時間において、高校1年生では「基礎小論文」という授業が行われました。
国語科の先生方が各クラスに入り、小論文の書き方について行うというものです。
2年後の受験を意識しての取り組みです。

AO、推薦入試では小論文が必須条件になる場合が多く、早い段階からの準備が必要です。
特に幼教系では国語力が重要ですから、必ずマスターしなければなりません。

感想文と小論文の違い、文章の考え方・書き方など、丁寧に教えてくださいました。
生徒達も四苦八苦しながらも良い文章を書こうと努力していました。

受験勉強に早すぎるということはありません。
今のうちから頑張って様々な準備をしていきましょう。

DSCF9439

pagetop