幼児教育・保育系進学コースブログ

昨日、いくつかの大学から先生を招いて推薦入試対策を行いました。

面接の心得や入室方法から退出方法まで詳しく教えていただきました。

また、実際の集団面接方式で「自己紹介」の練習をしました。緊張をしている生徒も多く見られ、本番を意識した良い練習機会になったと思います。大学の先生から改善点をアドバイス頂いたので、これから入試本番までしっかり練習し、120パーセントの力を出せるように頑張ってほしいものです。

07月20日 (金)

社会人講話30.7.12

先日進路行事として社会人講話が行われました。
幼教コースは、現職の保育士の先生方に来ていただきました。本校の卒業生である園長先生、副園長先生そして男性保育士の3名の方にご講演をいただき、講演後にはワークショップを行っていただきました。

 

講演では、保育園や保育士の置かれている状況や日常での仕事の様子、高校生活で取り組んでおいた方が良いことなど様々なことを聞くことができました。また、男性保育士の方からお話を聞くことができたのは、男子生徒一同、とてもためになったことと思います。「子供たちの笑顔が元気の源だ」という先生方の言葉に、本当にやりがいのある仕事なのだと感じました。

 

ワークショップでは2か所に分かれ、「ふれあい遊び」と「ものづくり」を行いました。
ふれあい遊びでは、バルーンを使いリズムに合わせて身体を動かして楽しみました。
ものづくりでは、紙とペン、はさみなど身近な道具や材料を使用し、だまし絵を作りました。身近なものでも工夫次第で、たくさんのものが作れることを知りました。

 

以下、各クラスでの感想です
・子どもを教育する立場になる私たちが見本となる大人になるように、自分に厳しく相手の気持ちに寄り添えるような優しい人になりたいと思った。

 

・親御さんのクレームばかり耳にするが、親御さんに救われた先生もいるということを知った。
悪いことばかりに目が行くが、楽しいことも保育士には多いことを再確認しました。

 

・お金をかけなくても紙とはさみでおもしろいおもちゃを作ることができました。

         

こんにちは3年6組です。

7月5日~9日にかけて期末試験が行われました。3年生にとっては大学受験(AO・推薦入試)にとって必要な成績を上げる最後のチャンスです。受験のために3年生は一日一日を大切にして、一生懸命勉強に励んでいます。テスト結果が楽しみです!

また、9月22・23日に行われるひなづる祭(文化祭)の準備も進められています。
3年生となった私たちにとっては最後の文化祭!思い出に残るものにするためにクラスの出し物、クラスTシャツ等にこだわっています。
皆と協力して成功させたいです。

06月25日 (月)

三者面談

高校3年生は現在、進路に向けて三者面談が行われています。
今回の三者面談では生徒一人ひとりが進路決定に向けて、真摯に取り組んでいます。

 

私は現在、幼児教育コースに在籍中ですが卒業後は幼児教育とは別の道を進もうと考えています。その他、小学校教諭など子どもに関わる職業でも幼児教育ではない人もいたりとクラス内には様々な進路を目指す生徒がいます。進む道は人それぞれですが、最後にはみんなが納得した進路に進めるよう、クラスで協力し、雰囲気づくりをしていこうと思いました。

 

6月4日(月)に貞静学園短期大学の授業に参加しました。

 

授業体験では「発達心理学」・ 「造形」・「音楽表現」の3つを体験。「発達心理学」では、いくつかの絵を見て視点を変えることで、一つの絵の中に、全く違う絵が浮かび上がる不思議な体験をしたり、「造形」の授業では紙皿でコマを制作。綺麗にコマが回るように紙皿にいくつか切れ目を入れ、折り目をつけたりと工夫しながら制作しました。最後の「音楽表現」では「いぬのおまわりさん」のリズムに合わせて、カスタネットやタンバリンなどの楽器を使い、体全体で表現する授業。特に私たちが印象的だったのは「音楽表現」。友達と輪になってリズムをとったのですがタイミングが合わず・・・・・・・・思わず笑ってしまいました。

 

保育士に必要な授業を体験して短い時間ではありましたが、楽しくためになる時間を過ごすことができました。

 

 

pagetop