特色ある授業

グローバル時代に対応するために生きた英語に触れる機会を増やし、語学力を強化しています

朝学習における「朝リスニング」。英語の物語や詩をスピーチし、Pronunciation(発音)、Attitude(姿勢・目線・声の大きさ)、Fluency(イントネーション・流暢さ)、Expression(声での表現)という4つの能力を競うレシテーションスピーチコンテスト。自分の意見を述べるスピーチ部門を新設し、より英語での発信力を重視して実施しています。本校の英語科教員が独自にリストアップした、『ズバリ英単語100!』のスペリング、発音を習得すべく、年に2回実施する校内スぺリングコンテストなど、生きた英語に触れ、発信する多くの機会により高い語学力を養成しています。

レシテーションコンテスト

レシテーションとは暗唱を意味します。Pronunciation(発音)・Attitude(姿勢・目線・声の大きさ)・Fluency(イントネーション・流暢さ)・Expression(声での表現)という4点を念頭に置き、物語や詩を暗唱し、発表します。1年生は校内にてコンテストを実施。2・3年生の予選を通過した代表者は、私立中学校英語レシテーションコンテストに参加しています。

校内スペリングコンテスト

本校の英語科教員が独自にリストアップした『ズバリ英単語100!』のスペリングや発音を習得すべく、年に2回、夏・冬休み明けに実施しています。見事100点満点を獲得した生徒には、賞状と記念品を差し上げています。学年を超えてライバル意識を持ち、満点を目指して英語と向き合っています。

留学生との交流プログラム

隔年で、オーストラリアのバンダバーグ高校との交流プログラムを行っています。オーストラリアの学生たちと一緒に楽しみながらさまざまな授業に参加することで、英語でのコミュニケーションや文化を学ぶことができます。

体験学習・課外活動

「世界の中の日本人」として。

グローバルとは、世界を知り、日本を知ること。

グローバル社会で通用する「世界の中の日本人」に成長するために本校では、日本文化や海外交流など、日本や世界の社会を知り、文化に触れる数多くの体験型の学びを実践しています。

社会を知る

  • 新聞スクラップノート「天声人語」書き写しノート
  • 「国立科学博物館」
  • 「ガスの科学館」見学 
  • 各種作文コンクール
  • 「ディズニーアカデミー」での体験セミナー
    など

文化に触れる

  • 日本文化:茶道・華道授業、箏曲、太鼓体験
  • マナー講習:ホテルマナー、テーブルマナー
  • 芸術鑑賞:バレエ、歌舞伎、劇団四季など。情操教育の一環としても実施
  • 海外教育交流:ブリティッシュヒルズ語学研修、ホームステイ、留学生との交流

ホテル&テーブルマナー

本校では、夏期研修や校外学習でホテルマナーやテーブルマナーを学ぶ機会を多く取り入れています。2年次のブリティッシュヒルズ語学研修では、英語を学ぶと共に、英国式のホテルマナーと洋食テーブルマナーも学びます。3年間で多くの経験ができます。

芸術鑑賞

バレエや歌舞伎、劇団四季など、多くの公演を鑑賞しています。単に舞台を鑑賞するだけでなく、事前に調べ学習を行うことで「調ベること」「考えること」の大切さを学びます。それを踏まえ当日に本物の舞台を間近で観て感じることで、芸術のすばらしさへの理解も深まります。

総合学習

世界の問題を、「他人事」から「自分事」に

総合学習では「国際」というテーマのもと、生徒たちがそれぞれ興味を抱いたことについて主体的に調べ、またそれをパワーポイントにまとめて発表します。JICA(国際協力機構)への訪問やカナダ大使館からの出前授業のほか、体験学習も取り入れるなど、座学体験の両面で、生徒の興味・関心を刺激し、自ら学ぼうとする意欲やプレゼンテーション力を育てています。

pagetop