中学課程

あらゆる機会を通じて、学び続ける習慣を身に付けます

貞静学園の学びの時間は授業だけではありません。各種講座や朝学習、家庭学習に至るまで、 あらゆる時間の中で学ぶ意義や楽しさを伝えることで、主体的に学び続ける習慣が身に付きます。

生徒の『自立』を促すのが、貞静学園の『めんどうみ』

本校では中学校期は特に基礎基本を重視する授業を展開するため、「先取り教育」は行っていません。また、自学自習力養成の観点から、わからないところは自分から質問に来るよう指導。「自分でできること」と「先生が面倒を見るところ」を正しく見極め、能動的・主体的に学びに関わる生徒の「自立」を育んでいます。

主要教科の担当者による責任ある指導体制

主要教科の専任教諭によるきめ細かな指導を心掛け、6カ年教育の利点を最大限に生かした内容の充実に努めています。たとえば英語ではネイティブスピーカーの教師による英会話を重視した授業や、 2年次からは英語と数学で習熟度別の少人数授業を行うなど、生徒一人ひとりを大切にする責任ある体制で指導に臨んでいます。

記録ノートで学習状況を正確に把握し、最適なサポート

中学校の3年間、生活記録ノート「毎日の記録」を使い、学習習慣と生活習慣のきめ細かい指導をします。授業の予習・復習や問題集など、学習計画と日々の成果を担任と共有することで、一人ひとりの学習状況を正確に把握し、着実な学力定着をサポートします。また、担任による日々のコメントは生徒の意欲を高め、力強く励まします。

朝学習で基礎学力を積み重ねながら、 集中力も育む

毎日の朝の時間を使って、英語のリスニングや単語テスト、漢字テストや数学の小テスト、朝読書などを行う「朝学習」の時間を設けています。朝のさわやかな時間の中で、基礎を積み重ね、学力を向上させながら、その後の授業への集中力を高めることにもつながります。生徒たちの学びのベースとなる力を育む時間です。

定期テスト対策から各種検定取得まで。充実の試験・検定対策講座

学習内容を確実に定着させることを目標に、中間試験・期末試験の一週間前から、主要教科の試験対策講座を行います。生徒自身が積極的に質問することにより問題解決につながり、さらに学習意欲を高めるきっかけとなります。また、放課後には検定の対策講座も充実。英語検定をはじめとするさまざまな資格の取得をサポートします。

アクティブ・ラーニング(AL)

各教科の授業・HR活動において、「アクティブラーニング(AL)」を導入しています。問題解決型学習、ペアワーク・グループワークなどの協同学習、体験学習などに取り組み、学習意欲を高め、確かな学力の向上を目指します。また、生徒たちが主体的に学び合う学習スタイルを通して、コミュニケーション能力や課題発見・課題解決能力も養い、社会の中で「生きる力」も育みます。

アドバンス講座

中学2・3年生で英語・数学を習熟度別に2レベル編成とし、生徒個々の学力に合った授業を展開しています。その上でさらに発展的な講座として放課後に英検・漢検準2級対策や高校入試問題などに取り組む「アドバンス講座」を実施し、より高度な力をつけたい生徒の取り組みをサポートしています。中学校時代はもちろん、高等学校に進んでからの受講生の学力向上面で着実に成果が出ています。

100冊読書に挑戦!充実の読書指導

中学校3年間で「100冊の読書に挑戦!」を合い言葉に、貞静学園オリジナルの「私の読書ノート」に本のあらすじと感想をまとめます。図書室での本の調べ方、図書の十進分類法、PCの活用法などを学んだ後に、読書に親しむ姿勢を身に付けます。また、読書を通じてリテラシーの能力養成へと学びを発展させていきます。

短歌指導伝統の「ひなづる万葉」

3年に1冊、オリジナル短歌集「ひなづる万葉」を全校で作り上げています。生徒たちは、中学校 3年間に体験するさまざまな行事をはじめ、季節を感じるものから日常の何気ない感動の気持ちを歌ったものまで、あらゆる想いを短歌にのせて表現。学校生活の中で培った日本文化への理解や教養を生かす絶好の機会となります。

グローバル時代に対応するために

生きた英語に触れる機会を増やし、語学力を強化しています。
朝学習における「朝リスニング」、 英語の物語や詩をスピーチし、Pronunciation(発音)・Attitude(姿勢・目線・声の大きさ)・Fluency(イントネーション・流暢さ)・Expression(声での表現)という4つの能力を競うレシテーションコンテスト、本校の英語科教員が独自にリストアップした、『ズバリ英単語100!』のスペリング、 発音を習得すべく年に2回実施する校内スペリングコンテストなど、生きた英語に触れ、発信する多くの機会により高い語学力を養成しています。

コミュニケーションを重視した英語授業の展開

ネイティブ教員による朝のHR
ネイティブ教員が朝のHRに入り、スピーチやQuestion and Answerを行いリスニング力を身に付けていきます。日常の生活環境から英語に親しみ、授業以外での英語コミュニケーション力が養われます。
コラボレーション授業
ネイティブ教員が各教科の授業に入り、英語を使って授業を行います。技術家庭でのクッキング、理科での実験、体育でのスポーツなど、英語による指導で楽しく学びます。

体験学習・課外活動

「世界の中の日本人」として。

グローバルとは、世界を知り、日本を知ること。

グローバル社会で通用する「世界の中の日本人」に成長するために本校では、日本文化や海外交流など、日本や世界の社会を知り、文化に触れる数多くの体験型の学びを実践しています。

社会を知る

  • 新聞スクラップノート「天声人語」書き写しノート
  • 「国立科学博物館」
  • 「ガスの科学館」見学 
  • 各種作文コンクール
    など

文化に触れる

  • 日本文化:茶道・華道授業、箏曲、太鼓体験
  • マナー講習:ホテルマナー、和洋中テーブルマナー
  • 芸術鑑賞:バレエ、歌舞伎、劇団四季など。情操教育の一環としても実施
  • 海外教育交流:ブリティッシュヒルズ語学研修、ホームステイ、留学生との交流

pagetop