東京都文京区、東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅徒歩1分の立地にある私立中高一貫校「貞静学園中学校・高等学校」

東京都文京区、東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅徒歩1分の立地にある私立中高一貫校「貞静学園中学校・高等学校」

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

貞静学園への電話問い合わせ03-3943-3711

受付時間|9:00〜18:00 (日曜・祝日を除く)

貞静学園ロゴ貞静学園中学校・高等学校

〒112-8625
東京都文京区大塚1-2-10

TEL:03-3943-3711

FAX:03-3945-8895

貞静学園短期大学 貞静幼稚園

~誰もが皆…~

|学校長ブログ|

皆さん、ある本を読んでいて、こんな文章を思いつきました。

  誰もが皆、排除されるのを気にして、自分の個性を殺して、言われたとおりに、目立たないように(   )。

     ・

     ・

     ・

さて、(  )に次の言葉を入れてみましょう。

①生きている
誰もが皆、排除されるのを気にして、自分の個性を殺して、言われたとおりに、目立たないように生きている。

 

②仕事をしている
誰もが皆、排除されるのを気にして、自分の個性を殺して、言われたとおりに、目立たないように仕事をしている。

 

③勉強している
誰もが皆、排除されるのを気にして、自分の個性を殺して、言われたとおりに、目立たないように勉強している。

 

①そんな社会で生きていたくないですよね。
②そんな会社で仕事をしていたくないですよね。
③そんな学校で勉強したくないですよね。
つまり、自由のないところには人間性もなく、何をしていてもつまらないですよね。

 

では、「自由」であるためにはどうすればいいのでしょうか。
冒頭のある本とは『哲学で子どもの思考力が伸び、心が成長する』です。その中で、著者小川仁志山口大学国際総合科学部准教授は、寛容さが大切であること、そして「理性の営み」が必要と述べておりました。

確かに、この本は、論点を整理し分かりやすく書かれており、「思考力が伸び」る一冊になるなと思いながら読みました。
…みんなで登山