東京都文京区、東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅徒歩1分の立地にある私立中高一貫校「貞静学園中学校・高等学校」

東京都文京区、東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅徒歩1分の立地にある私立中高一貫校「貞静学園中学校・高等学校」

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

貞静学園への電話問い合わせ03-3943-3711

受付時間|9:00〜18:00 (日曜・祝日を除く)

貞静学園ロゴ貞静学園中学校・高等学校

〒112-8625
東京都文京区大塚1-2-10

TEL:03-3943-3711

FAX:03-3945-8895

貞静学園短期大学 貞静幼稚園

~三色ボールペン?…~

|学校長ブログ|

「来週から春休みとなりますので、暫くブログをお休み致します。」とブログを締めくくったのが、2020・3・19でした。あれから約2ヶ月ぶりでのブログ再開となります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2012年のノーベル生理学・医学賞を受賞なさったあの山中伸弥教授が、Webで新型コロナウイルスに関する様々な情報を発信しております。

URLは次の通りです。

https://www.covid19-yamanaka.com/

タイトルは「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」です。

その中で山中教授は、

新型コロナウイルスへの対策は長いマラソンです。都市部で市中感染が広がり、しばらくは全力疾走に近い努力が必要です。また、その後の持久走への準備も大切です。感染が拡大していない地域も、先手の対策が重要です。私たちが一致団結して正しい行動を粘り強く続ければ、ウイルスの勢いが弱まり、共存が可能となります。自分を、周囲の大切な人を、そして社会を守りましょう!

と発信されております。

更に、

新型コロナウイルスは感染しても多くの人は無症状です。発症する場合も、潜伏期にすでに感染力があると考えられています。

とも述べておられます。

ですから、未だ感染が止まない今は、不要不急の外出を避けなければならないわけですね。手洗い・うがい・咳エチケットも「粘り強く続け」なければなりませんね。

さて、皆さんは、読書をする際、手にするものはありますか。

私は、付箋(ふせん)とエンピツです。気になったことを付箋にメモし、その頁(ぺーじ)に貼っておきます。

新聞を読むときは、主にマーカーペンを使います。気になった記事(箇所)に線を引く為です。時には、黒のボールペンとかエンピツも使いますよ。

こんな方もおられるようですよ。

それは三色ボールペンです。

えっ!

青・赤・緑の三色です。

青(客観重要)…「まあ大事」というところに引く。

誰が見てもある程度大事だろうというところに、気楽な気持ちで引く。

赤(客観最重要)…客観的に見て「すごく大事」と思ったところに引く。

誰が見てもここが最重要であろうという箇所に引く。

緑(主観大切)…自分が勝手に「おもしろい」と感じたところに引く。

自分の好みでおもしろいと思ったり引っかかりを感じたところに自由に引く。

(『三色ボールペンで読む日本語』より抜粋)

「三色ボールペン読書法」を推奨されているのは、明治大学の齋藤孝教授です。

先生は、「膨大な量の読書をし、およそ八割ほどのたしかな要約ができることが、より重要だと考えている」ということでした。

不要不急の外出を控えるこの時期に、あなたも「八割ほどのたしかな要約ができること」に挑戦してみませんか?

…みんなで登山