東京都文京区、東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅徒歩1分の立地にある私立中高一貫校「貞静学園中学校・高等学校」

東京都文京区、東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅徒歩1分の立地にある私立中高一貫校「貞静学園中学校・高等学校」

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

貞静学園への電話問い合わせ03-3943-3711

受付時間|9:00〜18:00 (日曜・祝日を除く)

貞静学園ロゴ貞静学園中学校・高等学校

〒112-8625
東京都文京区大塚1-2-10

TEL:03-3943-3711

FAX:03-3945-8895

貞静学園短期大学 貞静幼稚園

【校長ブログ】~「21世紀を生きる地球人…2」~

|学校長ブログ|

 前号に続いて、今回も『AIvs教科書が読めない子どもたち』(新井紀子著)を取り上げたいと思います。

 前号の記事は、以下をクリックしますとお読みいただけます。

 https://teiseigakuen.ac.jp/news/principal-blog/16082/

 

 

 

 著者が描く「未来予想図」はこうです。

 

 企業は人手不足で頭を抱えているのに、社会には失業者があふれている――。

 折角せっかく、新しい産業がおこっても、その担い手となる、AIにはできない仕事ができる人材が不足するために、新しい産業は経済成長のエンジンとはならない。一方、AIで仕事を失った人は、誰にでもできる低賃金の仕事に再就職するか、失業するかの二者択一を迫られる――。

 

というものです。

 

 

 

 では、AIに代替されない人材とはどのような能力を持った人間なのでしょうか?

 

 著者は、「意味を理解する能力」だと言います。なぜならば、AIは意味を理解しないからだというのです。

 

 

 

 次の問題は「大学生数学基本調査」の問題の一つなそうです。

 考えてみませんか。

 

 ある中学校の3年生の生徒100人の身長を測り、その平均を計算すると163.5㎝になりました。この結果から確実に正しいと言えるのは、次のうちどれでしょう。

 ①身長が163.5㎝より高い生徒と低い生徒は、それぞれ50人ずついる。
 ②100人の生徒全員の身長をたすと、163.5㎝×100=16350㎝になる。
 ③身長を10㎝ごとに「130㎝以上で140㎝未満の生徒」「140㎝以上で150㎝未満の生徒」…というように区分けすると、「160㎝以上170㎝未満の生徒」が最も多い。

 

 

 

 正解は「②」ですが、著者はこう解説しています。

 

 ①は中央値の、③は最頻値の性質です。けれども、大学生の4人に1人は正しく答えられませんでした。公式は知っている、でも意味は分かっていないのです。

と。

 

 

 

 ですから、著者は、「学校教育に何が必要か」と尋ねられれば、

 

 「一に読解、二に読解、三、四は遊びで、五に算数」でしょうか。「遊び」といっても、手先や身体を動かす、モノに頼らない遊びです。そして、日本の学校が誇る、給食当番や掃除当番などの班活動。

 

とおっしゃっています。

 

 

 

 2週にわたって「流行」の教育とはどのような教育なのかを一冊の著作物を拠り所に考えてみました。キーワードは「意味を理解する能力」「読解力」だったかなと思います。

 次回のブログ掲載は、お盆明けを予定しています。次週からブログも「夏休み」に入ります。

 

…みんなで登山