幼児教育・保育系進学コースブログ

04月17日 (月)

進級して

こんにちは新2−7です!

春休み感覚から抜け、私たちも後輩を持つ2年生となりました。
幼教コースでは専門科目が入り、覚えることが増えてきます。
本格的に進路を考える学年になったので、しっかりと自分の道を決めていきたいです。

2年生の教室は最上階になりました!景色が良いです♪
H29.04.15 196

H29.04.15 194

ピアノが教室にあります♪
H29.04.15 192

平成28年度も明日で終了です。新しい制服に身を包み、緊張の面持ちながらも嬉しそうに貞静学園の校門をくぐってきたのが、つい最近のことであったような気がします。

 

勉強合宿や体育祭、文化祭、スキー合宿などの行事を通して、意見をぶつけあいながらも共に協力し、行事を成功に導きました。

 

また、コース集会でのプレゼンテーションコンテストや総合学習の自己PRでは自分たちで考え、答えを導き出し、堂々と大勢の前で発表しました。

 

その他、キャンパスツアーやテーブルマナー研修などの多くの行事を通し、この一年で大きく成長した姿を見せてくれました。

 

間もなく二年生、先輩になります。本格的に幼児教育系の授業(器楽・声楽、リトミック、保育福祉、子ども文化、子どもの発達と保育)も始まります。将来の目標に向かって新たな気持ちで向学心をもって前向きに取り組んでいただきたいと思います。

 

二年生での大きな行事はオーストラリアへの修学旅行です。その準備の第一段階として4月下旬にブリティッシュヒルズ語学研修があります。英語に対して抵抗がある生徒もいると思いますが、楽しみながら英語と英国文化に触れることができればと思っています。

 

最後になりましたが保護者のみなさまにおかれましては、一年間のご協力ありがとうございました。また、来年度も本校の教育へのご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

高校1年幼児教育・保育系進学コース 担任一同

こんにちは。幼教コースです。
修学旅行を無事に終え、充実した6日間を送ることができました。
特にコースとしては、4日目に行った幼稚園視察でオーストラリアの園児たちと実際に触れ合うことができ良い経験ができました。
当日に至るまでに幼稚園へ送るプレゼントを作ったり、一緒に遊べる出し物を考えたりと各班で学んだり、知恵を出し合ったこともありました。もちろん話す内容や説明はすべて英語だったので生徒たちも頭を抱えていました。
当日、最初は何をしていいかわからずオドオドした様子でしたが、子どもたちの笑顔を見ているうちに生徒達も積極的に声をかけるようになり、楽しくコミュニケーションをとることができました。そして準備の甲斐あって、事前に用意した歌や遊びなどを使って一緒に楽しむことができました。生徒達も言葉の壁や不安もありましたが、あっという間にお別れの時間がきてしまいました。
今回の修学旅行を通して、伝えることの難しさや日本との教育方針の違いを実感できたとともに、子どもたちの笑顔は万国共通であり子どもたちと関わる楽しさや自分達がこれまで学んできたことに自信を持ってくれたと思います。そしてなにより生徒達の顔が少し立派になったような気がします。

 

幼児教育・保育系進学コース 高校2年 担任一同

 

c a b d

 

 

 

 

こんにちは。1年7組です。今日は学年末試験後の特編授業で礼法(茶道)を教わりました。
2学期末の華道同様、初めて経験する生徒ばかりでした。

 

生徒たちの感想です。

・初めての礼法授業。今まで経験したことのない茶道では、みんな足がしびれたり、抹茶の味が渋かったりと想像とは異なりましたが、いい経験ができました。
・泡を立て過ぎて口元が緑色に(笑)正座で足がしびれたけど、おいしくて…勉強になった!

 

近年では和室がある家も少なくなり、『床の間』や『敷居』、『鴨居』や『雪見障子』など実物を見ながら和式建築についても教えていただき、実りある授業となりました。

日本人として『和』の心を大切に、品格ある大人になってくださいね。

 
CIMG1798CIMG1827CIMG1822CIMG1841

 

 

 

こんにちは!1年6組です。

学年末試験も無事終了し、現在は特別編成授業が行われている最中です。

その中で12月から取り組んできた「自己PR」の最終段階として学年発表を行いました。

発表者は当日その場で発表されたので、みなとても緊張している様子でした。

高校1年生全員を目の前にして発表することに発表者がとても緊張しているのが、見ている側

にも伝わってきましたが、みんな一生懸命に取り組んでいる姿が印象的でした。人前に出て

堂々と発表をするということに少しでも慣れ、大学受験時や将来の就職活動時などに役立つ

良い経験の1つになったのではないか、と思います。

IMG_2536IMG_2538

pagetop