04月11日 (木)

【校長ブログ】~「ぎゅううん」「ぎゅるるる」~

 2週間ぶりのブログとなります。

 長い春休みを頂戴しましたが、2019年度も昨年度と同様に週に1回ブログを更新していきたいと思います。今年度も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 入学式の式辞で、

 北原照久氏の「未来は話した言葉で作られる。」という言葉を引いて、3月に大リーグを現役引退したイチロー選手が書いた小学校の卒業文集の一部を紹介しました。

 

 ぼくの夢は、一流のプロ野球選手になることです。そのためには、中学、高校でも全国大会へ出て、活躍しなければなりません。活躍できるようになるには、練習が必要です。ぼくは、その練習には自信があります。ぼくは3才の時から練習を始めています。

 

 

 

 そんなこともあってか、こんな新聞記事(2019・4・8)に目が留まりました。

 

 それは、8月に開幕する野球のU18ワールドカップに向けた高校日本代表による国際大会対策研修合宿に参加した世代トップの選手たちの衝撃についてです。

 

 

 岩手・大船渡の右腕、佐々木朗希ろうき(3年)が紅白戦で記録した高校生史上最速163キロの直球。捕手として受けていた岐阜・中京学院大中京の藤田健斗(3年)は、「『ぎゅううん』って感じでした。

 

 プロのスカウトのスピードガンが163キロを計測した球を打席で見た横浜の内海貴斗(3年)は、「外のボールだったと思うけど、ど真ん中でも振れなかったと思う」。石川・星稜の捕手山瀬慎之助(3年)も、打席で体感。「『ぎゅるるる』って感じで、うなってました」。

 

 佐々木本人は合宿を淡々と振り返った。「(奥川らから)『すごい』と言われましたけど、それはこっちのセリフなので。自分の実力はまだまだだと思っています」

 

 

 

 球の速さやその回転を「ぎゅううん」「ぎゅるるる」と表現しているのですが、未来に向けた選手たちの努力も「ぎゅううん」「ぎゅるるる」って感じなのだろうと思いました。

 

 生徒の皆さんには、自分の歩幅で未来を作っていって欲しいなと思っています。

…みんなで登山

pagetop