05月22日 (木)

JOINT&CHALLENGE !

平成26年度がスタートして早2か月が過ぎようとしております。この間、中学校・高等学校においては、様々な活動が実施され、一つ一つの取り組みの確かな手ごたえを感じつつ、より堅実で確実な成果につながるよう全教職員で同じ目線、同じ価値観を共有し、日々の教育実践を展開しております。
さて、東日本大震災(以下、震災)から3年が経過し、忘れてはいけないと思いつつも、日々の多忙感に押し流され、あの時感じたことが遠い過去に思えます。そして、未曽有の経験から学んだことはとても多かったはずなのに、気が付けばもとの自分の生活が戻ってきただけで満足している状況にあります。
震災前まで、科学の進歩に慢心していた人間がいました。人との繋がりが希薄でも生きていけると誤解していた人間がいました。自然とともに生きてること忘れていた人間がいました。自分が一番で何の感謝の心も感じない自己中心的な人間であふれていました。一度、震災を経験したとき全てが否定され、ちっぽけで頼りない人間がそこには居ました。国民のだれもがこのままでいいのかと悩み考え出した答えが、絆の大切さであり繋がりであり、新しい社会を再構築する知恵とくじけない強い心だったと記憶しております。
そこで、本学園としては、建学の精神の下に中期的な視野に立った「NEXT5」を展望して、スローガンとして、「JOINT&CHALLENGE」、貞静で始める未来への挑戦を掲げました。あの震災時に感じたことを想起し、改めて「JOINT」・・・社会との繋がり、家庭との繋がり、人との繋がり、そして知識との繋がりの大切さを身に着けさせたいと感じ、教室から未来に繋がる教育の推進を強く展開していくとともに、「CHALLENGE」・・・新たな物事へのあくなき挑戦のできる人材の育成を進めていくことを併せ、お子様の教育に責任をもって取り組んでまいります。本学園がこれからのお子様の人生の道先案内人となれるよう頑張ってまいりますので、よろしくお願いします。
 

pagetop