01月17日 (木)

【校長ブログ】~生徒指導を終え、学習指導が行える環境へ~

 1月11日(金)の全校集会で、生活委員会から今学期の目標として「チャイム着席の徹底てっていが提案されました。

 

 

 今回は、その舞台裏をご紹介します。

 

高校1年5組 R・S
 生活委員会では、今学期の目標として「チャイム着席の徹底」をかかげました。
 先日、どうすれば生徒にチャイム着席をさせることができるようになるかについて、話し合いの場を設けました。その中で、1年生の話し合いでは、様々な意見が出されました。
 内容は以下の通りです。

 

 

5分前に教室にいるように意識を持ってもらう。


チャイム着席が全くできていない訳ではないが、カフェテリアなどで買い物をしている時はできていないこともある。

 

意識を変えていけるようにするために、生活委員会を中心に生徒に声がけを行う。その結果、チャイム着席を当たり前にできるような環境をととのえていく。
 
 
 私は、この話し合いを通じて「チャイム着席」を当たり前のことだと生徒に意識させなければいけないと思いました。

 また、生活委員の先生からもありましたが、「チャイム着席」をしっかりと行い、生活指導を終えて、学習指導が行える環境を先生方と生徒たちで築いていきたいと思います。

 

 

 

   日本代表でのルールはシンプルで、
   「時間厳守げんしゅ」「5分前行動」でした。
   強いチームをつくるときには、
   こういった一見些細ささいに思われるようなことが
   一番大切。
      エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)

 

 

 

 私たちの行為こういを以下の4点に大別してみました。

 この時、あなたの傾向はどのような傾向にありますか。一つ選んで、下の図を見てください。

 

 ①(  )自律的行為

 自らの意志によってりっせられている行為を言いますね。

 

 ②(  )他律的行為

 自らの意志によって律せられていない行為を言いますね。

 

 ③(  )指示されて行う行為

 こうせよと指図さしずされて行う行為を言いますね。つまり、命令されて行う行為を言います。

 

 ④(  )意味づけによる行為

 どういう意味、どんな価値、どのような効用があるか等を考え納得して行う行為を言います。

 

 

  
 

 

 

 あなたは今、どの象限に位置していますか?

 あなたの課題は何ですか?

 

 そして、皆さんは誰にどんな一言をかけてあげますか?

 

…みんなで登山

pagetop