09月26日 (火)

【理科部】学会発表

9月22日に横浜国立大学で行われた日本植物病理学会関東部会において、

理科部部長の鈴木君が「Neofusicoccum parvumによるシンビジウムの新病害、黒葉枯病について」という題で、

研究内容について発表を行いました。

http://ppsj.org/pdf/meeting/2017(H29)kantou_prog.pdf?rev

 

 

今回、理科部では春から継続して植物病原菌の研究として、

独自に分離した菌株を詳しく調査し、その病原性の確認および種の決定をしていました。

夏休みには、東京農業大学の熱帯作物保護学研究室の協力を得て、

遺伝子の抽出・解析を行い病原菌の特定をすることができました。

 

 

今回の研究に中心的にかかわった部長は、

「研究・発表を通して多くのことを学ぶことができた」としており、

今後も新たな菌類の調査をしたいと意欲的でした。

pagetop